リリース力

15th Mar, 2014 (Updated on 4th Mar, 2016) | development

って、大事だなーと思っていてエンジニアの力の差が大きく出るところだと思っている。

  • 新規サービス
  • 新規アプリ
  • ちょっとした社内ツール
  • プロジェクトの進め方の改善
  • 大き目のリファクタリング

とかなんでも、とりあえず始めることは簡単だ。ただ、それを形にしてリリースしたり継続するのは難しい。

データベースのマイグレーションが必要だったり、最後の細かいUI調整もなかなか時間がかかる。色々な環境でのテストも必要だ。

技術的以外な部分でも、関係者との調整や、ユーザーへのお知らせ、面倒なことが多い。

開発者なら誰でも実感値あると思うけど「だいたいできた」から「リリース」までの距離はだいぶ遠い。自分の感覚としては「だいたいできた」で良くて半分くらい。楽しいのも最初の半分、後半は楽しくないことが多い。飽きも来る。

(これらの面倒なことを減らすのが、Quipper CTOである自分の役目だとも思っている、がそれはまた別の話)

経験値、みたいなものもリリースするとしないで10倍くらい違うと思っている。

それだけリリースは難しい。

なんか、だらだらと思ったことを書いてみた。

リリース力を鍛えよう。

(ちょっと前に pplog に書いたのを移動してみた)