Rubyを「知ってるつもり」の人にお勧めな「Metaprogramming Ruby」本

9th Mar, 2010 | ruby book

とてもいい本だったので紹介してみる。

Metaprogramming Ruby: Program Like the Ruby Pros by Paolo Perrotta

この本を読み始めてすぐに、自分がこの本に対してタイトルから想像していた内容と違うことに気付いた。

自分が想像していたのは、「こういうケースでは、こういうメタプログラミングをするといいよ」「こういうメタプログラミングのパターンもあるよ」というRubyでするメタプログラミングの実践編の本かと思っていた。でも、これは間違いで、この本はRubyでメタプログラミングができるようになるためのRubyの基礎知識が書いてある本だった(基礎、と言っても初心者向けというわけではなくて、Rubyのベース部分という意味で)。

想像とは違っていたのだけど、結果的に、ちょうど今自分が読むべき本だった。

自分は、この本を読むまで半年ちょっとRailsを通してRubyを経験してきて、期間的にはそれほどでもないが、それなりの規模のシステムも作ってきた。その結果、それなりにRubyのことをわかっているつもりだったし、最近はRailsのソースとかも少しずつ読むようになってきて、見よう見まねでメタプログラミングもしていた。

そのくらいのときにこの本にめぐり合ったのだけど、とてもいいタイミングだったようだ。実はよくRubyのことわかってなかった、ということを痛感できた。

この本を読む前にメタプログラミング実践編的なのに入っていたら、上辺だけのメタプログラミングをしてしまい、訳がわからなくなっていたかもしれない。

この本の構成としては、

  • 10%: メタプログラミングとは何か、の導入
  • 50%: メタプログラミングで必要になってくるRubyについての解説
  • 20%: メタプログラミングの基礎を習得したところで、RailsのActiveRecordを例にとってメタプログラミングがどう使われているかの解説
  • 10%: メタプログラミングに対するテストの書き方
  • 10%: 便利なTipsを含むその他

な感じ。

こんな感じで半分くらいをRubyそのものについて読ませる内容になっている。Rubyでメタプログラミングができるようになるための基礎体力をじっくり着けてくれる作りになっている。

たとえば、「スコープ」というプログラミング言語を勉強するときに基本中の基本なところだけども、10ページくらいかけてしっかりと教えてくれる。スコープの章の中の各タイトルを抜き出してみると、Scope/Changing Scope/Scope Gates/Flattening the Scope/Sharing the Scope とこれだけある。そして、スコープを理解することはメタプログラミングをするときにもとても重要なこともよくわかる。

その他にも、自分が今まであやふやに過ごしてきたことで、この本によってはっきりと理解できるようなったものとして、ぱっと思いつくものだけでも、

  • Objectとは何か?
  • Classとは何か?
    • Class名とは何か?
  • Classはどこにあるか?
  • Class変数とは何か?
  • selfとは何?

  • メソッドとは何?
  • Class メソッドとは何か?
  • Instance メソッドとは何か?
  • Moduleとはなにか?
  • classとsuperclassとmoduleの関係
    • methodを探す順序は?
  • lambdaとは何か?
  • procとは何か?
  • lambdaとprocの違いは?
  • instance_eval とは?
  • class_eval とは?
  • eval とは?
  • include と extendの違いは?
  • scopeが変わる場所はどこ?何種類ある?
  • 特異メソッドはどこに存在する?

おそらく、それぞれの説明は、Googleにでも聞いてどっかのページを見ればわかると思うのだけど、なぜそうなっているのか、それぞれがどう関係しているのか、ということをこの本はとてもわかりやすく説明してくれる。そして、これらのそれぞれの技術が独立したものではなくて、関連し協調しあって、「Rubyらしさ」を作っていることもよくわかる。

読んでいるときには「ここまでの知識が必要?」と感じたところもあったけど、読み終わってみると、すべてがしっかりとつながっていて、余分かなと思ったところは実は伏線で、最後までにはしっかりと回収されている感じになっている。

この本を読んでから、Railsのコードとかを見ると、一行一行はっきり意味がわかるようになって、今までコードを読んでいるつもりだった自分はなんなんだったんだろう、という気分にすらなった。ちょっと大袈裟だけど、わりと本気。

1.9 対応

ちゃんとRuby 1.9にも対応している。たとえば、Objectの解説のところでは、BasicObjectのこともしっかり説明されていて、どういうときに使うのが便利か、ということまで解説している。

英語

今のところ英語版しかないようなんだけど、英語苦手な人でもコードの例もたくさんあるし、そんな難しくない英語なので大丈夫だと思う。BillとBobという二人の登場人物が対話する形でRubyの物語が進んで行く。読み物としてもよくできている。

そういう自分も英語だと日本語で読むより数倍遅い。でも日本語で読んだ時よりも頭の中に残っている感じはある。日本語だと字を追っているだけで頭に入ってないときとかあるんだけど、英語だと一文ずつしっかり読むので頭に残りやすいのかも。

お勧め

そんなわけで、Rubyをなんとなくやっているけど、深いところまでびしっと理解はしていない、という人にすごくお勧めな本でした。

日本語訳も出るようなのでそちらも期待!