MongoDBのライセンスについて

10th Mar, 2010 | mongodb

Twitterで少し話題になっていたので、MongoDBのライセンスについて書いてみる。

「MongoDBを使う場合、自分で書いたアプリケーション側のソースも全部公開しないといけない」的なが広がるのはちょっと嫌なので。

http://www.mongodb.org/display/DOCS/Licensing とか、 http://blog.mongodb.org/post/103832439/the-agpl を読んでみてもらえばだいたいわかると思うのだけど、MongoDB自体は、確かにAGPLなので、改変した場合、(一般に公開する)サーバ用途の利用でMongoDB自体のソースの公開の義務はある。ただ、これはMongoDB本体の話で、自分で作ったアプリケーションには適用されない。また、ドライバー関連はApache licenseなので、ドライバーを組み込むような自分のアプリケーションを作った場合もAGPLは適用されない。

もし、これが嘘なら、自分のところでも使いづらくなるので、ツッコミ超歓迎。


blog comments powered by Disqus